生理中の胃の痛み、吐き気への対処法

生理中に胃痛や吐き気を催す原因と解消法

生理が始まると「胃痛や吐き気」を感じるという人がいます。このような症状も生理痛の1つとして考えられています。

なぜ胃に不快な症状が出てくるのか、ここでお話をしていきたいと思います。

胃痛や吐き気の症状

人によってその症状には個人差がありますが、胃がズキズキする・キリきりするといった痛みを感じることがあります。そして胃がムカムカしてくることもあり、そのまま吐き気を感じることもあります。さらには、吐き気から実際に嘔吐するという場合もありますので、胃の不快感からくる症状はとても様々になっています。

胃痛や吐き気の原因

何が原因となっているのかと言いますと、プロスタグランジンが過剰分泌する事だと考えられています。この原因というのは、生理痛の症状である腹痛を引き起こすものとしても考えられているものです。

同じくプロスタグランジンが、胃の不快感にも大きく関わっているという事が分かっています。実は子宮を収縮させる作用があるプロスタグランジンは、他の臓器である胃を収縮させる作用も持ち合わせているのです。ですから胃が知らぬ間に生理中に収縮していることで、吐き気が起こったり、胃が痛くなったりするようになってしまうのです。

胃痛や吐き気への対応

もしも胃の不快感などの症状が出ている場合には、体を冷やす行動は避けてください。プロスタグランジンの過剰分泌が大きな原因となっているのですが、その他にも体が冷えることで血液の流れが滞ってしまい、吐き気などを悪化させる可能性があります。

ですから、普段から規則正しい生活を心がけることや、適度に運動をしておくことで血流を促しておくことも良い対応になります。生理中は動けないという場合には、足元やお腹周りなどを冷やさないようにして、ガードしてあげるように心がけていきましょう。

あまりにも吐き気が酷い場合には、婦人科に行って相談をしてください。吐き気止めや胃痛薬などを処方してもらう事も可能です。我慢するのではなく、相談をして改善へと導いてあげましょう。

関連ページ

頭痛
生理になると頭痛が起こるという方がいますが、これも生理痛の1つと考えていいでしょう。この頭痛は、エストロゲンという女性ホルモンが大きく関係しています。原因を把握したうえで、改善方法をチェックしていきましょう。
腹痛
生理痛と言えば腹痛!と答える人が1番多いのではないでしょうか?それくらい腹痛に悩んでいる人が多い、代表的な症状と言えます。その根本的な原因はホルモンバランスの乱れからくるもの。詳しい原因や対処法をみてきましょう。
腰痛
生理痛には腰痛の症状が出てくることがあります。腰痛はホルモンや骨盤の歪みが原因となり、引き起こされるものです。リラキシンとプロスタグランジンが関係しており、冷えや血行不良への対応が緩和につながります。
下痢
生理中に下痢になるという人がいますが、これも生理痛の症状の1つと考えていいでしょう。原因は腹痛や胃痛と同じく、プロスタグランジンの過剰分泌となっています。下痢の症状や詳しい原因、対処法をみていきましょう。
めまい、ふらつき
生理中にふらつきやめまいが起こるという女性は少なくありません。これらの症状も生理痛の一環だと思っていいでしょう。大きな原因はホルモンバランスの乱れが考えられていますが、その他の原因や改善方法なども一緒にみていきましょう。