生理中にお腹が痛くなる理由と解消法

生理中の腹痛の原因と対処法

生理痛と言えば「腹痛」を訴える人が多いかと思いますが、やはり1番多い症状が腹痛と言われています。

それでは、なぜ腹痛が起こるのか?その原因を詳しく紐解いてみましょう。

ホルモンバランスの乱れ

生理痛の症状である腹痛というのは、根本的な原因を探っていくと「ホルモンバランスの乱れ」に行きつきます。生理の習性上、ホルモンバランスが崩れてしまうのは当たり前のことなのですが、それにより血行不良やプロスタグランジンの過剰分泌が起こってしまうのです。

血行不良

血行が悪くなってしまうと子宮の周りもどんどん冷えていきますので、骨盤の血液も滞ってしまいます。すると冷えから機能低下が引き起こされていき、骨盤の痛みから腹痛へと流れていきます。

プロスタグランジンの過剰分泌

子宮を収縮させて体外へ子宮内膜と血液を排出していくのが生理なのですが、プロスタグランジンが過剰に分泌されると、子宮の収縮もより活発になってしまいます。子宮が収縮すると、少なからず痛みや違和感があるものですから、活発になることで腹痛となって現れてくるようになります。

このように、生理が起こる際に女性の体の中でホルモンバランスが乱れることが、腹痛の大元の原因となっているという事が分かります。

腹痛への対応

生理痛として腹痛を感じる事がある場合には、体を冷やす事は厳禁です。腹痛を悪化させる要因となってしまいますので、冷えないように注意して過ごしましょう。普段の生活で気を付けてもらいたいのは、「カフェインの摂り過ぎ」です。

コーヒーが好きという人は多いかと思いますが、飲み過ぎると体を冷やしてしまう要因になります。そして飲むのであれば冷たいものではなく、温かい飲み物にするなどして、対応するようにしましょう。

もう1つ生活の中で腹痛への対応として出来ることは、腹部や腰回りを冷やさないようにすることです。1枚肌着を活用するなどして、温めてあげるといいでしょう。寝る時などもお腹が出てこないように腹巻などでガードすると効果的です。

関連ページ

頭痛
生理になると頭痛が起こるという方がいますが、これも生理痛の1つと考えていいでしょう。この頭痛は、エストロゲンという女性ホルモンが大きく関係しています。原因を把握したうえで、改善方法をチェックしていきましょう。
腰痛
生理痛には腰痛の症状が出てくることがあります。腰痛はホルモンや骨盤の歪みが原因となり、引き起こされるものです。リラキシンとプロスタグランジンが関係しており、冷えや血行不良への対応が緩和につながります。
胃痛と吐き気
生理中の不調に「胃痛と吐き気」があります。これらの症状の大きな原因は、プロスタグランジンが胃を収縮させることにあります。どんな不快な症状があるのか、解消法とともに見ていきましょう。
下痢
生理中に下痢になるという人がいますが、これも生理痛の症状の1つと考えていいでしょう。原因は腹痛や胃痛と同じく、プロスタグランジンの過剰分泌となっています。下痢の症状や詳しい原因、対処法をみていきましょう。
めまい、ふらつき
生理中にふらつきやめまいが起こるという女性は少なくありません。これらの症状も生理痛の一環だと思っていいでしょう。大きな原因はホルモンバランスの乱れが考えられていますが、その他の原因や改善方法なども一緒にみていきましょう。