生理中に腰周りが痛くなるのは何故?

生理痛で腰痛を感じる理由と対処法

生理痛の症状として腰痛を感じることがあります。酷い場合には腰痛のせいで、立ち上がることも困難になるという人もいます。腰を前に倒すことが困難になることもあり、とても辛い症状の1つとして大きな悩みの種となっています。

では、腰痛が生理痛として現れる原因は一体なんなのでしょうか?腰痛と生理の関係をココで詳しく見ていきましょう。

腰痛の原因について

大きな要因として考えられているのは、生理が起こる時に分泌されるホルモンの働きです。リラキシンという卵巣ホルモンの1種や、プロスタグランジンという物質が過剰に分泌されているという所に原因があります。

リラキシン

卵巣ホルモンの1種であるリラキシンは、月経期になると体外へ経血をスムーズに排出する働きを持っています。それは関節を緩めることで骨盤を開きやすくしてくれるという働きです。骨盤が開くことで、経血はスムーズに排出されていきますので、リラキシンは必要な物質なのです。

ただ、この働きというのは筋肉や腰などにも作用してしまうので、腰痛という形で症状が現れてしまうのです。生理が始まって、生理痛として腰痛を訴える人も多いのですが、生理の少し前から腰痛が始まるという人も、原因はリラキシンにあると言えます。

プロスタグランジン

月経期になり、過剰に分泌されるようになるプロスタグランジンという物質は、血行を悪くする作用や骨盤をうっ血させる作用があります。骨盤にこれだけの影響を与えているとなると、腰への刺激も強くなってしまい腰痛を引き起こすようになります。

ちなみに、骨盤が歪んでいる人というのは生理痛によって腰痛が引き起こされやすいとも言われています。

腰痛への対応

もしも生理痛で腰痛の症状が出てきた時には、血行が悪くならないように心がけることが重要になります。体が冷えてしまう原因になり、骨盤の血流が悪くなってしまうことで腰痛が悪化してしまいます。

出来るだけ規則正しい生活を心がけながら、体が冷えないように注意して過ごしましょう。

関連ページ

頭痛
生理になると頭痛が起こるという方がいますが、これも生理痛の1つと考えていいでしょう。この頭痛は、エストロゲンという女性ホルモンが大きく関係しています。原因を把握したうえで、改善方法をチェックしていきましょう。
腹痛
生理痛と言えば腹痛!と答える人が1番多いのではないでしょうか?それくらい腹痛に悩んでいる人が多い、代表的な症状と言えます。その根本的な原因はホルモンバランスの乱れからくるもの。詳しい原因や対処法をみてきましょう。
胃痛と吐き気
生理中の不調に「胃痛と吐き気」があります。これらの症状の大きな原因は、プロスタグランジンが胃を収縮させることにあります。どんな不快な症状があるのか、解消法とともに見ていきましょう。
下痢
生理中に下痢になるという人がいますが、これも生理痛の症状の1つと考えていいでしょう。原因は腹痛や胃痛と同じく、プロスタグランジンの過剰分泌となっています。下痢の症状や詳しい原因、対処法をみていきましょう。
めまい、ふらつき
生理中にふらつきやめまいが起こるという女性は少なくありません。これらの症状も生理痛の一環だと思っていいでしょう。大きな原因はホルモンバランスの乱れが考えられていますが、その他の原因や改善方法なども一緒にみていきましょう。