生理中の頭痛の原因と改善方法

生理中に頭痛に悩まされる原因と対処法

生理になると「頭痛」に悩まされるという女性がいます。実は頭痛というのも生理痛の症状として考えられている1つなのです。

では頭痛になる要因と改善方法についてご紹介していきましょう。

頭痛の感じ方

生理前や生理中に頭痛を感じることがあります。その感じ方は、徐々に痛みが増していき生理2〜3日目で頭痛もピークに達するというものや、毎日鈍痛を感じるなど様々です。1日のうちにほんの少しだけ頭痛が起こる人もいますし、1日を通してずっと不快な感覚を味わう人もいます。

頭痛の原因

生理になると女性ホルモンである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌が、一気に減少することが頭痛の要因になっていると考えられています。

エストロゲンというのは卵子を育む役目を持っているのですが、排卵期がくると卵子がいなくなりますので、働き場所がなくなってしまいます。そして月経期に向けてどんどんその分泌量が減ってしまうのです。

エストロゲンが一気に減少すると、脳の視床下部では急な変化に対応させる為に、血管の拡張という指令を出します。血管が拡張されると頭痛を引き起こすと言われていますので、女性ホルモンからくる血管拡張が大きな要因となっていると考えていいでしょう。

頭痛の改善方法

生理中の頭痛を改善するにはいくつかの方法がありますので、自分に合ったものを見つけ出してください。

鎮痛剤で改善

市販されているいわゆる痛み止めの薬を飲むことや、病院で処方してもらった鎮痛剤を飲んで、頭痛を改善される方法があります。一時的にですが、薬の効果が出れば痛みから解放されますので、辛いときには薬を飲むことも1つの手だと思っていいでしょう。

漢方薬で改善

薬では根本的な部分を改善することが出来ませんが、漢方薬を飲むことで体質自体を変えていくことができます。従って生理痛の症状が出にくい体質を作り上げる事が可能ということです。

副作用もないので安心して飲むことが出来ますが、継続して数か月飲み続けなければ効果が現れないと言う事を覚えておきましょう。

民間療法で改善

アロマを使って香の刺激を受けることで、頭痛を緩和させる方法や、ハーブティーを飲んで体質を改善する方法などがあります。他にもツボを刺激する、マッサージをするなどの民間療法があります。

関連ページ

腹痛
生理痛と言えば腹痛!と答える人が1番多いのではないでしょうか?それくらい腹痛に悩んでいる人が多い、代表的な症状と言えます。その根本的な原因はホルモンバランスの乱れからくるもの。詳しい原因や対処法をみてきましょう。
腰痛
生理痛には腰痛の症状が出てくることがあります。腰痛はホルモンや骨盤の歪みが原因となり、引き起こされるものです。リラキシンとプロスタグランジンが関係しており、冷えや血行不良への対応が緩和につながります。
胃痛と吐き気
生理中の不調に「胃痛と吐き気」があります。これらの症状の大きな原因は、プロスタグランジンが胃を収縮させることにあります。どんな不快な症状があるのか、解消法とともに見ていきましょう。
下痢
生理中に下痢になるという人がいますが、これも生理痛の症状の1つと考えていいでしょう。原因は腹痛や胃痛と同じく、プロスタグランジンの過剰分泌となっています。下痢の症状や詳しい原因、対処法をみていきましょう。
めまい、ふらつき
生理中にふらつきやめまいが起こるという女性は少なくありません。これらの症状も生理痛の一環だと思っていいでしょう。大きな原因はホルモンバランスの乱れが考えられていますが、その他の原因や改善方法なども一緒にみていきましょう。