生理痛の緩和に効果のある食材

食べて緩和!生理痛にオススメの4つの食材

生理痛を改善する為に、どんな食材を摂取すればいいのか?実は食材を見極めることで、生理痛の原因に働きかけることもできますし、そのまま症状の緩和を実感することもできます!

そこで、生理痛改善の為に摂取しておきたい食材についてココでご紹介していきたいと思います。

生理痛に効く!おススメ食材

大豆製品

大豆製品にはイソフラボンという成分がとても豊富に含まれています。イソフラボンは女性ホルモンの働きととても似ていると言われており、生理痛の症状を緩和する効果が期待できます。

ただし、女性ホルモンの「エストロゲン」というのは、増えすぎることで逆に悪影響を与えてしまうことがあります。つまり大豆製品を摂取しすぎると、生理痛を悪化させる可能性もありますので、気を付けましょう。

ちなみに1日に摂取すべき大豆イソフラボンは「70〜75r」が効果的だとされています。これ以上の量を摂取すると逆効果になる事がありますので、ご注意くださいね。(豆乳200mlに、50〜60rのイソフラボンが含まれています)

アーモンド

生理中の腹痛を引き起こす原因になっている子宮収縮ですが、アーモンドに含まれているマグネシウムの作用に「子宮収縮の緩和」があります。つまりアーモンドを摂取することで、腹痛の症状を緩和させることが期待できるのです。

その他にもビタミンEとミネラルが豊富に含まれており、これらはホルモンの分泌量を正常化させることが出来る効果があります。血行も良くなりますので、冷えからくる症状にも対応しています。

青魚

生理痛が引き起こされる子宮収縮を緩和させてくれる作用がある「DHA」や「EPA」が豊富に含まれている青魚を摂取しましょう。

血液の流れを促進させてくれる作用があり、子宮の収縮も緩和されますから、腹痛などの嫌な症状を改善する事が可能になります。

他にも青魚にはビタミンBが豊富に含まれており、ホルモンバランスの乱れを改善してくれる効果を持っていますので、生理痛にもってこいの食材となっています。

ちなみにDHAやEPAなどのオメガ3と呼ばれている脂肪酸が、生理痛に効果的なので1日に900r以上は摂取したい所です。おススメは生魚なので刺身で青魚を食べることなのですが、苦手な人は青魚の水煮缶づめもお勧めです!

生姜

体を温めてくれるという効果がある生姜ですが、冷え性を抱えているうえに生理痛があると言う場合におススメです。血行不良を引き起こして生理痛が悪化する事が考えられますので、冷えを改善することで生理痛を緩和していく事が出来ます。生姜はすりおろして料理に入れたり、お湯に入れて飲んだりすると良いでしょう。

関連ページ

食生活の見直し
生理痛の緩和を目指す為に出来ること、それは食生活の見直しです。どんな食事が悪影響を与え、改善するにはどんなことを心がけて食べれば良いのか。生理痛と食生活の関係をみていきましょう!
運動を習慣にする
運動を取りいれた生活を送るは、生理痛の緩和につながります。運動によって基礎代謝をアップさせることで、生理痛の根本的な原因部分から改善していくことが出来るのです。軽いエクササイズで十分なので習慣にしてみて下さい。
睡眠の質を高める
睡眠の質を変えるだけで、生理痛の症状を緩和出来ると言います。そこで、質の良い睡眠と悪い睡眠について話をしていきたいと思います。
効果的な入浴方法
シャワーだけで済ます、熱いお湯が好き、半身浴など様々な入浴方法がありますが、ここでは生理痛の緩和に効果的な入浴の仕方について紹介しています。リラックスすることは自律神経を整えるのにも有効なので見ていきましょう。
タバコとお酒の影響
タバコとお酒が生理痛にどのように関係しているのかを紹介します。タバコやお酒の習慣が生理痛の悪化に繋がっていることもあります。生理が重くて悩んでいて、このような習慣がある人は、一度確認してみましょう。
症状緩和に効果のあるアロマ
アロマの力で生理痛を緩和させることができます。女性ホルモンに作用するものや、冷えを改善するものなど様々な種類がありますので、お勧めアロマを4種類を、効果的な使い方とともに紹介していきたいと思います。
ストレッチを行う
簡単なストレッチを行うことも生理痛対策には有効です。1日1回でOKなので、自分のやりやすいストレッチを選んで、実践してみましょう!生理時の経血をスムーズに排出する事で痛みの緩和が期待できます。