生理痛に良い食事・悪い食事

生理痛の緩和のために見直すべき食生活

食生活というのは人間が生きていく上で、とても重要なものになっています。生理痛を緩和させる為の生活を送りたいのであれば、まずは食生活の見直しが必要になってくると言えます。あなたはどんな食生活を送っていますか?もしかしたら生理痛を悪化させる可能性がある食生活になっているかもしれません。

まずはココで生理痛の緩和に効果のある食生活、悪い影響を与える食生活などについて学んでいきましょう。

生理痛に悪影響を及ぼす食生活

基本的に栄養バランスが偏っている食生活を送っていると、生理痛にも悪影響が及んでしまうという事を覚えておきましょう。体に必要な栄養をしっかりとバランスよく行き届かせてあげることが、生理痛の緩和に繋がります。

スナック菓子が好きでよく食べる、お肉が好きでよく食べる、野菜が苦手であまり食べない、こういった食生活は誰が見ても問題があります。スナック菓子には体に良い成分はほぼ含まれていませんので、間食でスナック菓子ばかり食べていて、肝心のご飯の時間には食事が進まないとなると問題があります。

さらにお肉が好きで食べることは良いのですが、食べ過ぎてしまうとコレステロールや中性脂肪がどんどん体内で増えていき、なんと「プロスタグランジン」をたくさん生成する事に繋がってしまうのです。プロスタグランジンは生理痛を引き起こす代表的な物質ですから、食事内容によってプロスタグランジンが増えてしまうのはとても問題があると言えますよね。

このように、栄養が偏ってしまう食生活というのは自ら生理痛を呼び込んでいるようなものなのです。あらためて自身の食生活を振り返ってみてもらえればと思います。

生理痛を緩和出来る食生活

理想的な食生活と言ったら、栄養バランスが取れた食事を3食食べることです。中でも良いと言われているのが、朝食には果物や野菜をたっぷり摂取すると言う事です。1日の始まりである朝食時間に、ビタミンやミネラル、食物繊維などがバランスよく含まれた果物と野菜を摂取するのはとても良い事だとされています。

その他には、魚や大豆や野菜をたくさん使った和食中心の夕食を心がけると、生理痛の緩和に役立つとされています。夜というのは、体内の細胞が生まれ変わっていく時間帯とも言われていますので、その時間の食事を質の良い和食にする事で生理痛に良い影響を与えてくれます。

女性ホルモンのバランスが乱れないようにする事が出来るので、バランスよく1日3食摂取する事をいつでも心がけていきましょう。

関連ページ

運動を習慣にする
運動を取りいれた生活を送るは、生理痛の緩和につながります。運動によって基礎代謝をアップさせることで、生理痛の根本的な原因部分から改善していくことが出来るのです。軽いエクササイズで十分なので習慣にしてみて下さい。
睡眠の質を高める
睡眠の質を変えるだけで、生理痛の症状を緩和出来ると言います。そこで、質の良い睡眠と悪い睡眠について話をしていきたいと思います。
効果的な入浴方法
シャワーだけで済ます、熱いお湯が好き、半身浴など様々な入浴方法がありますが、ここでは生理痛の緩和に効果的な入浴の仕方について紹介しています。リラックスすることは自律神経を整えるのにも有効なので見ていきましょう。
タバコとお酒の影響
タバコとお酒が生理痛にどのように関係しているのかを紹介します。タバコやお酒の習慣が生理痛の悪化に繋がっていることもあります。生理が重くて悩んでいて、このような習慣がある人は、一度確認してみましょう。
生理痛の緩和に効く食材
生理痛緩和に効果のある食材を4つ紹介していきます。それぞれ効果のある理由や食べ方など。生理が辛くて悩んでいるなら、ここで紹介している食材を、積極的に摂り入れてみてください。
症状緩和に効果のあるアロマ
アロマの力で生理痛を緩和させることができます。女性ホルモンに作用するものや、冷えを改善するものなど様々な種類がありますので、お勧めアロマを4種類を、効果的な使い方とともに紹介していきたいと思います。
ストレッチを行う
簡単なストレッチを行うことも生理痛対策には有効です。1日1回でOKなので、自分のやりやすいストレッチを選んで、実践してみましょう!生理時の経血をスムーズに排出する事で痛みの緩和が期待できます。