生理中の下痢を解消する方法

生理になると下痢になる理由と対処法

生理が始まると「下痢」になってしまうという女性が多いようです。普段は全く通常の排便なのに、生理中だけ下痢に悩まされてしまうのです。

これにもやはり原因があり、下痢になってしまうメカニズムが存在しています。辛い下痢の症状や原因についてお話していきたいと思います。

下痢の症状

生理中に便が緩くなる程度の人もいれば、固形の便は一切でなくなり水っぽい便や、形のない便になるという下痢症状が起こります。お腹が痛くなり急いでトイレに駆け込むという下痢も引き起こされているので、外出中などに下痢が収まらないととても厄介ですよね。

下痢の原因

生理痛の原因となっている「プロスタグランジン」の過剰分泌が下痢の症状にも影響しています。プロスタグランジンは、生理痛の腹痛や胃痛などの原因となっていますが、下痢を引き起こす原因にもなっているのです。

それはプロスタグランジンの性質に要因があるのですが、実は内臓を収縮させる作用を持っているので、子宮や胃だけではなく腸を収縮させる事も出来るのです。

生理になるとプロスタグランジンが腸を収縮させてしまい、腸の蠕動運動が過剰に引き起こされてしまいます。蠕動運動は通常であればスムーズな排便をする為に必要なものなのですが、過剰に活動してしまうと下痢をしてしまいます。

下痢への対応

プロスタグランジンが原因という事で、生理中はどうしようもないと思っているかもしれませんが、実は対応策もあります。プロスタグランジンの過剰分泌は、血行不良が余計に促進させてしまう要因になりますので、血液の流れをスムーズにしてあげることで下痢症状を緩和させることができます。

逆に言えば、血行が悪くなればなるほどに生理中の下痢症状も悪化していきますから、腹痛から解放されるどころか常に腹痛と下痢がセットで付きまとってくるようになります。

ストレスや生活習慣の乱れによって血行不良は引き起こされますので、リラックスして規則正しい生活を送れるようにする事で、対応していく事が可能です。

関連ページ

頭痛
生理になると頭痛が起こるという方がいますが、これも生理痛の1つと考えていいでしょう。この頭痛は、エストロゲンという女性ホルモンが大きく関係しています。原因を把握したうえで、改善方法をチェックしていきましょう。
腹痛
生理痛と言えば腹痛!と答える人が1番多いのではないでしょうか?それくらい腹痛に悩んでいる人が多い、代表的な症状と言えます。その根本的な原因はホルモンバランスの乱れからくるもの。詳しい原因や対処法をみてきましょう。
腰痛
生理痛には腰痛の症状が出てくることがあります。腰痛はホルモンや骨盤の歪みが原因となり、引き起こされるものです。リラキシンとプロスタグランジンが関係しており、冷えや血行不良への対応が緩和につながります。
胃痛と吐き気
生理中の不調に「胃痛と吐き気」があります。これらの症状の大きな原因は、プロスタグランジンが胃を収縮させることにあります。どんな不快な症状があるのか、解消法とともに見ていきましょう。
めまい、ふらつき
生理中にふらつきやめまいが起こるという女性は少なくありません。これらの症状も生理痛の一環だと思っていいでしょう。大きな原因はホルモンバランスの乱れが考えられていますが、その他の原因や改善方法なども一緒にみていきましょう。